記事一覧

ライネの新シリーズ、 38mmケースの「V38」の実機レポート

ライネ(LAINE)から発表されたヴォ―シェ製マイクロロータームーブメントを搭載し、38mmケースを実現した新シリーズ「V38」、小さめの時計を好む日本のニーズにマッチしたのかニュースのアクセスも良く、注目されていると感じられる作品でした。



サーモンダイヤル、センタームーンフロスト、アウターフロスト、セコンドムーンフロストのモデル。
ライネの「キャラクター」を確立しつつあると感じる、手作業とCNC加工を適材適所で組み合わせて作られる金属文字盤。

ブレゲ数字はサイズに合わせて整えられ、スモセコの配置もユニタスのような「ブルガリ BVLGARI (新品)」ではなく中間位置に配されています。
LAINEの銘は6時位置に控えめ、主張しないデザインです。

似たコンセプトの我が無銘のカメレオンと比較…と思ったら忘れる痛恨のミス…



薄いスペースに納めながらも立体的な文字盤と針、数字の厚みもGelidusよりも厚く感じます。
細かいフロストと荒いムーンフロスト、金属色の数字とリングのコントラストによりどの角度でも視認性は非常に良いです。



ムーブメントは最近採用例を見かけるようになった、ヴォ―シェ・マニュファクチュール・フルリエによるマイクロロータームーブメントVMF5401ベースです。
しかし、標準仕上げのVMF5401ではなく、ヴォ―シェの親会社であるパルミジャーニ・フルリエが使用しているものと並ぶ上級グレードの仕上げが施されたバージョンです。

【関連記事】:http://seconds.top

コメント一覧

ankopi安値 (100%実物写真) URL 2021年11月11日(木)15時10分 編集・削除

個人売買サイト新作が安値で出品されることや、100%実物写真保証!「品質安心保証」客様に安心してお買い物。安全と安心を大切に、より良い品質を追求します!