記事一覧

時計業界もビビったグッチ「グリップ」が示す、ブランド時計のあるべき姿


安藤夏樹(写真左)●1975年、愛知県生まれ。ラグジュアリーマガジンの編集長を経て、現在はフリーに。「SIHH」や「バーゼルワールド」を毎年取材し、常に自分の買うべき時計を探す。口癖は「散財王に俺はなる!」。
安藤 グッチに関して言うと、2018年あたりから本当に面白い存在になりました。ブランド全体を取り仕切るクリエイティブディレクターのアレッサンドロ・ミケーレの世界観が、とうとう時計にも浸透してきたな、って強く感じるようになったんですよね。

広田 2018年というと、安藤さん、ホログラムの「G-タイムレス」を推してましたよね。機能としては普通の2針のクオーツ時計なんだけど、文字盤とバンドにホログラムを施すことで、なんとも言えない不思議な存在感がありました。



ダイヤルとストラップに施されたGGロゴのホログラムが特徴的な「G-タイムレス」。SSケース、38㎜径、クオーツ。11万2000円/グッチ(グッチ ジャパン クライアントサービス 0120-99-2177)

安藤 「バーゼル・ワールド」(毎年スイスで行われる腕時計の世界的な見本市)で最初にあれを目にしたとき、これはヤバイなと(笑)。写真じゃわかりにくいけど、腕元が異空間に変わるというか、とにかく「何これ?」感が半端なかった。これは絶対、スーツに合わせたらウケるだろうなと……(笑)。

広田 ウケ狙い?

安藤 いやいや、楽しいじゃないですか。実際、ホログラムはかなり売れたみたいです。僕がグッチの時計を推してる理由は非常に明白で、時計でも「ちゃんとファッションしてる」からなんですよね。70年代から90年代くらいまでって、ファッションウォッチが面白かったんですよ、好き勝手にデザインしてて。でも、近年のラグジュアリーブランドの時計って、本格高級志向のものばかりな気がするんです。もちろん、それはそれで素晴らしいことなんだけど、全部が全部、同じ方向性じゃつまらないじゃないですか。


コメント一覧

時計業界の新作発表 Eメール URL 2021年07月16日(金)16時46分 編集・削除

(ウォッチ・メディア・オンライン)は時計を趣味とするユーザーにとって有益な情報を配信し、また企画やイベントを主催し、日本の時計ユーザーの環境をより愉しいものとすることを目的としています。